人間の生活に役に立つお風呂に関して

今日は生活に関する豆知識をテレビで見ました。
内容として、最近は幸福度という言葉が流行しているが、
毎日湯船につかることは幸福になりやすいという豆知識が紹介されていて、
私は毎日はお風呂に入っていなかったので、
あまり幸福に感じなかった事から、これからは幸福になるために
毎日湯船につかる事を考えています。
また、前日に42度のお風呂に10分だけ入ると、
人間に入っている特有のたんぱく質の影響で翌日に運動したときに
筋肉痛になりにくいのです。ジョギングをこれから始める人にとっては、
筋肉痛は前日のお風呂で避けることができるのです。
ダイエットを行うためのお風呂の温度に関して、
38度や39度のぬるめのお風呂ならば

胃や腸に流れている血流が放散しにくいので、
お風呂をあがった後に食欲がわきやすいのです。
従って、ぬるめのお風呂に入る事はダイエットの効果がないのです。
ダイエットのためにお風呂の入る時期としては、

食前に入る方が効果が高いです。
血行が体の内部から外部によく発散されて、
胃腸の働きが低く抑えられて、食欲が抑えられるので、
食欲が通常よりなくなりやすいのです。
15分間の間に入浴中にも数分間のストレッチを行うと
ダイエットの効果が上がってきます。

足首や肩のストレッチを毎日数分間だけ行うだけで血行が飛躍的にあがって、
ストレッチによる体への刺激とお風呂の温度の効果で代謝が上がるので、
お風呂でのストレッチによるダイエットには効果的なのです。