少し遠い公園へお出かけ

今日は、公園へこどもと一緒にお出かけしました。
旦那は仕事で、こどものおじいちゃんおばあちゃんにあたる私の両親も
今日は来れないので、二人きりでのお出かけです。

 

家から一番近い公園は、歩いて行けなくはないのですが、
一歳四ヶ月の息子にとって、また幼い息子を連れている私にとっては、
なかなか遠い距離の場所にあります。

 

でも、歩くのは息子はかなり上手だし、
いざとなれば私が抱っこをして歩けばいいのでそういう覚悟で、
徒歩で出かけました。

 

行く途中、道に落ちていた木の枝や石を拾ったり持ち替えながら、
歩いて行きました。

 

どんな風景や、どんな小さな物だって、
きっと幼い息子にとってはどれも刺激的で新しいものなんだろうなと思うと、
私も楽しい気持ちになります。

 

ずっと手をつないで歩きました。

 

車にも興味しんしんで、息子は目を大きく開いて車を見つめていました。
私は、今度、車のおもちゃを買ってあげたいと思いました。

 

公園へ到着して、機関車の形の遊具でたくさん遊びましたよ。
息子が車掌さんで、私は汽車のお客さんという設定で遊びました。
ハンドルを楽しそうに回す息子はとても可愛かったです。

 

あと、なぜか息子は階段の上り下りが好きみたいで、
せっかく下りたのにまた上る、ということを何度か繰り返していました。
それが修行みたいで、なんだかとてもおもしろかったです。
息子は、エヘヘと笑っていました。

 

帰りは殆ど抱っこして帰りました。
大変でしたが、とても楽しい一日になりました。
また公園へお出かけしたいです。